Latest Japanese Reviews

子癇前症や子癇がある女性に対する代替硫酸マグネシウムレジメン

4 months 1 week ago
子癇前症や子癇がある女性に対する代替硫酸マグネシウムレジメン 著者の結論:  強力なエビデンスが子癇の予防と治療に対する硫酸マグネシウムの使用を支持しているが、代替治療レジメンを比較している試験は、信頼できる結論を導くには規模が小さ過ぎる。 アブストラクト全文を読む 背景:  硫酸マグネシウムは今なお子癇の予防と治療に対する選択薬である。硫酸マグネシウム投与のためのレジメンが数年間にわたって展開してきたが、まだ正式に評価されていない。 目的:  子癇前症や子癇のある女性のケアに用いられる場合の硫酸マグネシウム投与のための代替レジメンの効果を比較し、評価する。 検索戦略:  Cochrane Pregnancy and Childbirth Group's Trials Register(2010年6月)を検索した。 選択基準:  子癇前症や子癇のある女性のケアに用いられる硫酸マグネシウム投与のための様々なレジメンを比較しているランダム化試験。 データ収集と分析:  4名のレビューア全員が独自に試験の質を評価し、データを抽出した。 主な結果:  17件の研究を同定し、そのうち6件(866例の女性)が選択基準を満たした:2件の試験(451例の女性)が子癇の女性に対するレジメンを比較し、4件(415例の女性)が子癇前...

機能性月経困難症の治療としての配合経口避妊薬(OCP)

6 months 3 weeks ago
機能性月経困難症の治療としての配合経口避妊薬(OCP) 論点 コクランは月経痛(生理痛、月経困難症とも呼ばれる)の治療に対する配合経口避妊薬(OCP)の有効性と安全性に関するエビデンスをレビューした。 背景 OCPは月経痛の治療薬としてしばしば使用されているが、その効果についてのエビデンスは不確かであった。 研究の特徴 OCPの効果をプラセボ(偽薬)、他のOCP、痛みや炎症を抑える非ステロイド性抗炎症薬のいずれかと比較した21件のランダム化比較試験(2つ以上の治療群のうちひとつに無作為に割りつける臨床試験)を特定した。これらの研究には3,723人の女性が含まれていた。ほとんどの女性は、少なくとも中等度以上の痛みを伴う月経痛があった。11件の研究がOCPの製薬会社から資金を提供されていた。2023年3月にデータベースを検索した。 主な結果 OCPとプラセボの比較 OCPは、月経痛のある女性において、プラセボと比較して、月経困難症総合スケール(0~6の範囲)で0.7~1.3ポイント痛みを軽減する(588人の女性を対象とした6件の研究;質の高いエビデンス)。改善を「はい/いいえ」で評価した6件の研究では、OCPは痛みを軽減する可能性があることが示された。プラセボでは28%の確率で症状が改善し、OCPでは37%~60%の確率で改善する可能性がある(質の低いエビデンス)。 OCPは副作用の...

家族計画や避妊法の利用を支援するための、携帯電話を使って提供される介入

7 months ago
家族計画や避妊法の利用を支援するための、携帯電話を使って提供される介入 論点 このレビューの目的は、携帯電話による介入が避妊法の利用を増進するかどうかを判断することである。 要点 携帯電話による介入は、避妊法の増進と継続的な利用に良い影響をもたらす。 双方向性のメッセージは、避妊法の利用を増進する上で、一方的なテキストメッセージよりも優れている。 現存するエビデンスのレベルは中等度である。 このレビューの重要性 携帯電話で配信されるヘルスメッセージや介入は、健康や行動を改善することが示されているが、携帯電話で配信されるメッセージが、避妊の使用などリプロダクティブ・ヘルスに関連する問題に影響を与えるかどうかは不明である。 女性と子どもの健康は、避妊から大きな恩恵を受ける。このような利点があるにもかかわらず、また妊娠を避けたいにもかかわらず避妊をしない女性が世界的にかなり多い。 近年の携帯電話の急速な普及により、必要な時にいつでも、どこでも、サービスへのアクセスが制限された人々へも届く、携帯電話を介したヘルスケアの提供への関心が高まっている。 エビデンスの特定および評価を行った方法は? 携帯電話で配信される介入の使用と避妊の使用への影響を評価した研究について、医学データベースを検索した。その結果、高所得国(11試験)と低所得国(12試験)の両方において、11カ国で実施された12,79...

社会的支援介入は心臓病患者の助けになるか? 

7 months 3 weeks ago
社会的支援介入は心臓病患者の助けになるか? 要点 社会的支援や社会的ネットワークプログラムが心臓病患者の助けになるという明確なエビデンスはない。 これらのプログラムによって、生活の質(QOL)や血圧がある程度改善する可能性がある。 このレビューによれば、社会的支援や社会的ネットワークへの介入は心臓病患者を助ける可能性があるが、有効性を証明するためには、より質の高い、明確に報告された試験であることを示唆している 心臓病とは何か? 「心臓病」とは、冠動脈疾患(心臓の血管の病気)、不整脈(心房細動などの不整脈)、心臓感染症、先天性心疾患など、心臓に影響を及ぼすさまざまな疾患を指す。心臓病の一般的な症状は、胸痛(狭心症)と心臓発作(心筋梗塞)である。心臓病は世界中で早期死亡の原因となっている。現代の心臓リハビリテーションプログラムは、一般的に身体的、精神的、社会的要因に対処し、心臓病患者の日常生活を支援するようにデザインされている。 なぜ社会的支援プログラムが心臓病患者の助けになるのか? 低レベルの社会的支援や社会的孤立が、心臓病患者の健康状態の悪化につながることを示唆するいくつかのエビデンスがある。社会的ネットワークまたは社会的支援介入は、健康的な行動を支援するために社会的関係を意図的に利用し、パートナー、家族、友人、他の仲間、または介護者が関与することがある。このようなプログラムが心...

痛みを伴う処置を受ける乳児の痛みを管理するオピオイド

7 months 4 weeks ago
痛みを伴う処置を受ける乳児の痛みを管理するオピオイド 要点 - 強力なエビデンスがないため、痛みを伴う処置を受ける乳児の痛みを管理するためのオピオイドの利点とリスクは不明である。 - プラセボ(薬を含まないが、試験中の薬と同じように見える「ダミー」治療、偽治療)と比較すると、オピオイドは、処置中に特定の尺度で評価される痛みを軽減するかもしれないが、処置の1~2時間後に他の尺度で評価される痛みには違いがないかもしれない。 - 他の疼痛スコアや異なる時点における疼痛評価、徐脈(心拍数の低下)や低血圧のエピソードに対するオピオイドの影響については、非常に不確かである。オピオイドは呼吸停止のエピソードを増加させる可能性がある。 なぜオピオイドは、乳児の処置中の痛みを管理するために投与されるのか? 乳児(特に生後4週間)は、入院中に痛みを伴う処置を受けることが多い。成人と同様、これらの処置中も、継続した疼痛管理とコントロールが必要である。オピオイドは、体内の細胞にあるオピオイド受容体と相互作用することで効果を発揮する、痛みを和らげる薬の幅広いグループであり、乳幼児によく使用される。 知りたかったこと 痛みを伴う処置を受ける乳児に、オピオイドが以下の治療と比較して、どのような影響を及ぼすかを調べたかった: - 無治療またはプラセボ; - 薬物以外の治療(甘い溶液など); - 他の薬; - 異...

前立腺肥大症に対する ノコギリヤシ(Serenoa repens)

8 months ago
前立腺肥大症に対する ノコギリヤシ(Serenoa repens) レビューの論点 Serenoa repens(ノコギリヤシ)単独あるいは他の植物治療剤との併用は、前立腺肥大症の男性の症状を改善するか? 背景 前立腺が肥大すると、日中や夜間に頻繁に尿意をもよおしたり、尿の出が悪くなったり、残尿感があるなど、煩わしい尿路症状が現れることがあるかもしれない。一般的な薬剤を用いた介入のほかに、植物やハーブの使用(植物療法)は一般的であり、多くの西洋諸国で徐々に増えてきている。アメリカノコギリヤシ(矮性椰子)(American saw palmetto、dwarf palm plant)、Serenoa repens(ノコギリヤシ)(植物学名Sabal serrulatumとしても知られている)の抽出物(エキス)は、この症状の治療に利用されているいくつかの植物治療薬のひとつである。 研究の特性 ノコギリヤシ単独または他のハーブ製品との併用とプラセボ(実際には治療を受けていないが、治療を受けたと参加者に思い込ませる方法)を比較した男性4,656例を対象とした27件の研究を同定した。ほとんどの研究は、中程度の症状を有する50歳以上の男性を対象としていた。10件の研究は製薬企業から資金提供を受け、2件の研究は政府から資金提供を受けていた。残りの研究は資金供給元に関する報告がなかった。 主要な...

低グリセミック・インデックス(GI)食または低グリセミック負荷(GL)食は、過体重または肥満の減量に役立つか。

8 months ago
低グリセミック・インデックス(GI)食または低グリセミック負荷(GL)食は、過体重または肥満の減量に役立つか。 主要な結果 低グリセミック・インデックス(glycaemic index:GI)食または低グリセミック負荷(glycaemic load :GL)食は、高GI食または高GL食など他の食事と比べて、おそらく体重にほとんどまたは全く差を生じない。 これらの食事が人々の生活の質(Quality of Life:QOL)、副作用、死亡に及ぼす影響については非常に不確かである。 低GI食または低GL食とはどんなものか? 低GI食または低GL食は、血糖値の上昇を穏やかにしたり、遅らせたりする食品で構成される。そのため、体内でのインスリン分泌が少なくなり、体重減少につながるかもしれない。 わかったこと 過体重または肥満の人々におけるこれらの食事の効果を評価したいと考えた。体重、QOL、副作用、死亡への影響を検証した。 実施したこと 過体重または肥満の成人におけるこれらの食事の効果を、高血糖指数食または高血糖負荷食(血糖値が急上昇するような食事)などの他の食事と比較した研究を検索した。これらの研究は少なくとも8週間の追跡調査を条件とした。 わかったこと 1,210例(参加者の4.1%は小児、1.9%は65歳以上の成人)を対象とした10件の研究を組み入れた。これらの研究の半数は米国で実施...

早産児の経口哺乳に対する口腔刺激の効果

8 months ago
早産児の経口哺乳に対する口腔刺激の効果 レビューの論点 妊娠37週より前に生まれた早産児に、指による刺激を用いた口腔刺激介入を行う: 完全経口哺乳を達成するまでの期間(日数)の短縮につながるか? 新生児集中治療室(Neonatal Intensive Care:NICU)で過ごす期間(日数)の短縮につながるか? 入院期間(日数)の短縮につながるか? 栄養チューブ(経静脈栄養)により栄養補給される期間(日数)の短縮につながるか? 背景 これは2016年のレビューのアップデート版である。多くの早産児は、経口(吸啜)哺乳の確立が遅く、最初は栄養チューブや経静脈(非経口)栄養により栄養補給される。経口哺乳能力の発達には、吸啜、嚥下、呼吸の綿密な協調を必要とする。早産児における経口哺乳の確立は困難な場合がある。その理由として、入院期間が長いこと、呼吸困難および早産に関連するその他の医学的症状を呈することが挙げられる。人工呼吸、および口や鼻からの頻回の分泌物吸引といった不快な処置は、経口哺乳能力に悪影響を及ぼす可能性がある。経管栄養から経口哺乳への移行に関する国際的なガイドラインは、内容のばらつきが大きい。医療従事者は、早産時の吸啜・哺乳能力を向上させるためにさまざまな介入を用いており、経管栄養から経口哺乳への移行期間の短縮、入院期間の短縮、乳児の吸啜能力の向上につながることが複数の研究で報...

固定式装置を用いた歯科矯正治療中の患者において、歯の移動を促進させるための補助的な非外科的治療法

8 months ago
固定式装置を用いた歯科矯正治療中の患者において、歯の移動を促進させるための補助的な非外科的治療法 論点 矯正力による歯の移動(OTM)を促進すると言われている非外科的処置の追加により、歯科矯正治療全体の治療期間が短縮するか? 背景 若年者や成人の歯並びや噛み合わせに問題がある場合、歯の位置を矯正するための歯科矯正治療が世界的に行われている。使用される矯正装置の種類はさまざまであり、自分で取り外しのできない固定式矯正装置(ワイヤーを固定するためのブラケットを歯に接着した上で、矯正用ワイヤーを連結して用いるものなど)や自分で取り外しが可能な可撤式矯正装置(透明な樹脂で作製されたマウスピースタイプのものなど)がある。歯や噛み合わせの状態によって、治療期間は数か月から数年に及ぶことがあるが、全ての歯を対象とした歯科矯正治療のほとんどでは、通常20か月程度を要する。歯科矯正治療は、笑顔を改善し、患者に良い影響を与えることは知られているものの、う蝕、あるいは歯根吸収(OIIRR)の発生などのリスクも伴う。OTMを促進させることで、治療期間を短縮し、時々起こり得る有害事象を軽減できる可能性がある。そのために、外科的治療や非外科的治療を含むいくつかの方法が提案されている。本レビューでは、OTMを促進させるための非外科的治療に関するエビデンスについて評価を行った。 今回、コクラン・オーラルヘルスの...

機能性ディスペプシアに対する中薬(中医学の薬草療法)以外の薬草療法の効果は?

8 months 1 week ago
機能性ディスペプシアに対する中薬(中医学の薬草療法)以外の薬草療法の効果は? 主要な結果 機能性ディスペプシア患者の症状とウェルビーイング(well-being)の改善に有用な複数の薬草療法を同定した。また、偽治療と比較して、重要な望ましくない事象を伴わないかもしれない。しかしながら、薬草療法と他の治療法の有用性を比較した科学的根拠(エビデンス)はほとんどなかった。 薬草療法の有用性は、機能性ディスペプシアに対する一般的な内科的治療と比較して、相対的な有用性を評価する必要があるかもしれない。機能性ディスペプシアについては、特に一般的な消化器合併症がある人を対象とした、より質の高い試験が必要である。 背景 機能性ディスペプシアとは? 機能性ディスペプシアは成人において頻繁にみられる健康問題である。胃の痛みや不快感を特徴とする。しかしながら、器質性ディスペプシアとは異なり、これらの症状は胃や腸の潰瘍やその他の病変が原因とはいえない。 機能性ディスペプシアの治療法とは? この疾患の治療法には薬物療法と非薬物療法があるが、それらにどの程度有用性があるかは不明である。さまざまな薬草(ハーブ)製品が、この症状の治療薬となる可能性があるとしてある程度まで研究が行われている。 わかったこと 本レビューでは、このテーマに関するすべての利用可能な研究を検証し、これらの薬草のどれかが症状やウェルビーイ...

フェノフィブラートは糖尿病網膜症に有効か?

8 months 1 week ago
フェノフィブラートは糖尿病網膜症に有効か? レビューの目的は何か? 1型糖尿病または2型糖尿病の患者において、フェノフィブラートが、プラセボもしくは経過観察と比較して、糖尿病網膜症の発症を予防するのか、あるいはすでに糖尿病網膜症を発症している場合、その進行を遅らせるのかを明らかにすることが目的である。 要点 - 総じてフェノフィブラートは、プラセボとの比較で、糖尿病網膜症の進行にほとんど差がない可能性が高い(中等度の確実性のエビデンス)。 - 糖尿病網膜症を発症している患者では、フェノフィブラートの服用で、糖尿病網膜症の進行が緩やかになる可能性が高い(中等度の確実性のエビデンス)。 - まれではあるが、フェノフィブラートの服用で副作用が増加した(高度の確実性のエビデンス)。 - さらなる研究が必要である。例えば、1型糖尿病患者を含む研究や、患者が受けた他の治療を考慮した研究、そして重要なのは、糖尿病と共に生きる人々にとって重大なアウトカムを含む研究である。 レビューでは何が検討されたのか? 糖尿病網膜症とは、目の奥の血管に障害が起きて生じる疾患で、世界的に失明の主な原因であり、社会への負担となっている。視力を守るためには、糖尿病網膜症の発症を予防し、発症した場合には進行を遅らせたり、防いだりしなければならない。このレビューでは、フェノフィブラートがこの目的に有効なのか、プラセボや...

早産児の壊死性腸炎予防のためのプレバイオティクス

8 months 3 weeks ago
早産児の壊死性腸炎予防のためのプレバイオティクス レビューの論点 超早産児や超低出生体重児にプレバイオティクスを投与すると壊死性腸炎を予防できるか? 背景 超早産児(予定日より8週以上早く生まれた児)および超低出生体重児(1.5kg未満で生まれた児)は、腸の粘膜の一部が炎症を起こして死に至る重篤な疾患である壊死性腸炎を発症するリスク(危険)がある。この疾患は、死亡、重篤な感染症、長期にわたる障害や発達障害を伴う。壊死性腸炎を予防する1つの方法として、プレバイオティクス(健康な「プロバイオティクス」細菌による腸内コロニー形成をサポートする難消化性の糖鎖)をミルクに添加することが考えられる。 実施したこと 超早産児または超低出生体重児の壊死性腸炎のリスクに対するプレバイオティクスの効果を調べた試験を検索した。試験結果を比較・要約し、試験方法や規模などの要因に基づいて、科学的根拠(エビデンス)の確実性を評価した。 わかったこと 合計705乳児例を対象とした6試験を同定した。臨床試験はほとんどが小規模で、ほとんどにデザイン上の欠陥があり、結果にバイアスが生じている可能性がある。 主要な結果 複合解析の結果、超早産児や超低出生体重児にプレバイオティクスを投与しても、壊死性腸炎や死亡、重篤な感染症のリスクにはほとんどまたは全く差がないかもしれないが、そのエビデンスの確実性は低い。1件の試験で...

消化管手術を受けた正期産児にラクトフェリンを投与することの利点とリスクは何か?

8 months 3 weeks ago
消化管手術を受けた正期産児にラクトフェリンを投与することの利点とリスクは何か? 要点 消化管の手術を受けた正期産(妊娠37週以降)の赤ちゃんにラクトフェリン(牛乳に含まれるタンパク質)を与えることの影響を調査した医学的研究は見つからなかった。 ラクトフェリンとは何か? ラクトフェリンは牛乳に含まれるタンパク質で、感染症から身を守る働きがある。ラクトフェリンのサプリメントも販売されており、未熟児を対象に研究されている。ラクトフェリンが未熟児の感染症を予防するというエビデンスがいくつかある。 赤ちゃんの消化管手術のリスクにはどのようなものがあるか? 消化管の手術は感染のリスクを高める。感染症は入院期間を長くする。抗生物質(細菌感染と闘う薬)による治療や手術によるストレスは、消化管内の善玉菌を混乱させる可能性がある。 知りたかったこと 正期産児の消化管手術後にラクトフェリンを投与することで、感染症や死亡率が減少し、消化管内の善玉菌の存在が改善されるかどうかを調べたかった。 何を行ったのか? 消化管手術を受けた乳児を、ラクトフェリンまたはプラセボ(薬を含まないが、試験中の薬と見た目や味が同じ「ダミー」治療薬)に無作為に割り付けた研究を検索した。 わかったこと 消化管手術を受けた正期産児にラクトフェリンを投与してプラセボと比較した研究は見つからなかった。この疑問に答えるためには、十分にデザ...

うつ病の治療薬は禁煙に有効か?

8 months 4 weeks ago
うつ病の治療薬は禁煙に有効か? 抗うつ薬とは何か? 抗うつ薬とは、うつ病の治療に用いられる薬やサプリメントである。その中には、禁煙に効果があるかどうか検証されている薬もある。ブプロピオン(ザイバンも呼ばれる)とノルトリプチリンという2つの薬が、禁煙を支援するために処方されることがある。 本コクランレビューの実施理由 喫煙の健康への悪影響は非常に大きい。喫煙者にとって、禁煙は健康増進のためにできる最善の選択である。しかし、禁煙は難しいと感じる人も多い。そこで、抗うつ薬を使うことで禁煙(6ヶ月以上)を成功させることができるか、また、これらの薬を使うことでどのような有害性があるかを調査することにした。 着目した点 - どれくらいの人が少なくとも6ヶ月禁煙できたか - どれくらいの人が好ましくない影響を受けたか 実施したこと 禁煙を支援するための抗うつ薬の使用を検討した研究を検索した。 治療が無作為に決定されるランダム化比較試験を検索した。このような研究方法(ランダム割付)は、治療効果について最も信頼性の高いエビデンスが得られるとされている。有害性についてはどのような観察期間の研究であっても対象としたが、禁煙に成功したかどうかの評価については少なくとも6ヶ月以上の観察期間の研究を採用した。 どのような研究が見つかったか? このレビューでは、禁煙のために抗うつ薬を使用した場合に、異なる抗う...

ホルモン剤による避妊をしていない人と比較した、ホルモン剤による避妊をしている人が新型コロナウイルス感染症(COVID-19)にかかった時に血栓を発症する確率

9 months 1 week ago
ホルモン剤による避妊をしていない人と比較した、ホルモン剤による避妊をしている人が新型コロナウイルス感染症(COVID-19)にかかった時に血栓を発症する確率 論点 COVID-19になった人の、心臓発作や脳卒中を含む血栓の発生やその他の重篤な結果に対するホルモン剤による避妊法の影響に関するエビデンスを検討した。エストロゲンとプロゲスチンの両方を含む避妊薬を服用している人と、ホルモン剤を使用しない避妊をしている人、プロゲスチンだけを含む避妊薬を服用している人を比較検討したいと考えた。該当する研究は5件しか見つからなかった。 背景 ホルモン剤による避妊、特にエストロゲンを含む避妊薬の使用は、足や肺に血栓ができる可能性を高めたり、脳卒中になる可能性を高めたりすることがある。また、COVID-19の発症により、足や肺に血栓ができることも確認されている。ホルモン剤による避妊をしている人がCOVID-19になった場合、血栓ができる可能性が高いかどうかはわかっていない。ホルモン剤による避妊をしている人がCOVID-19陽性になった場合、避妊薬の使用を止めるべきか、違う避妊法に切り替えるべきかを知ることができるよう、さらなる研究が必要である。 研究の特性 2022年3月までに発表された研究を対象とした。避妊をした人(特に、ホルモン配合剤のようにエストロゲンを含む避妊薬を使用した人)における、避妊...

新生児の気管内挿管にビデオ補助(ビデオ喉頭鏡)を使用することは、手技の成功と安全性を高めるか?

9 months 1 week ago
新生児の気管内挿管にビデオ補助(ビデオ喉頭鏡)を使用することは、手技の成功と安全性を高めるか? 要点 ビデオ喉頭鏡の使用は、初回の気管内挿管成功率を高め、ケア提供者が病気の新生児の気管内挿管を施行する回数をわずかに減らす結果になるかもしれないが、気管内挿管にかかる時間を短縮するわけではない。 ビデオ喉頭鏡の使用では、挿管時の新生児の気道の傷がわずかに少ないと思われる。 さまざまな診療領域で、さまざまなケア提供者が配置を行う場合のビデオ喉頭鏡の役割を理解するために、より良い研究が必要である。 何が問題なのか? 新生児の100人に1人は、呼吸が困難な場合、口か鼻に呼吸用チューブを挿入して(気管内挿管)命をつなぐ必要がある。新生児は口や気道が小さいため、直接喉頭鏡を使って(ビデオなしで)呼吸用チューブを挿入するのは難しいかもしれないし、すべてのケア提供者が経験を積んでいるわけではない。 ビデオ喉頭鏡法とは何か? ビデオで気道を見ながら気管内挿管を行うことを、ビデオ喉頭鏡法という。そうすることで、呼吸チューブの挿入がより簡単で安全になる。これはまた、トレーニングを受けている人がこの救命技術を習得する際にも役立つだろう。 何を調べようとしたのか? 生後0日から28日の乳児を対象に、直接喉頭鏡法よりもビデオ喉頭鏡法の方が、呼吸チューブの挿入の成功と安全性が高まるかどうかを調べようとした。 何...

βサラセミア患者に対する骨粗鬆症の治療

9 months 1 week ago
βサラセミア患者に対する骨粗鬆症の治療 論点 βサラセミア患者における骨粗鬆症に対するさまざまな治療法は、どの程度有効かつ安全か? 背景 骨粗鬆症は、時間とともに骨密度に影響を及ぼし、骨折のリスクを上昇させる。また、βサラセミア(ヘモグロビンの産生が低下する血液疾患)患者に発生する病気の重要な原因となっている。 βサラセミア患者における骨粗鬆症の治療には、ビスフォスフォネート(骨量減少を遅らせる薬剤)、カルシトニン、カルシウム、亜鉛の補給、ヒドロキシ尿素、ホルモン補充療法(HRT)、デノスマブ(骨吸収を抑制して骨密度(BMD)を高める薬剤)、ラネル酸ストロンチウム(骨形成を促進し、骨吸収を阻害する薬剤)などが有効と考えられている。 本レビューの目的は、βサラセミア患者における骨粗鬆症に対する最も効果的な治療法を見つけることである。腰椎、股関節、および手首(手関節)の骨密度(数値が高いほど良好)と、骨折、可動性、生活の質、および治療による有害事象を主要な評価項目とした。本レビューは、過去に発表されたコクランレビューの更新版である。 文献の検索日 本エビデンスは2022年8月4日までの文献検索に基づいている。 研究の特徴 本レビューでは、10歳から78歳の合計298人のβサラセミア患者を治療群にランダムに割り付けた6件の研究が対象となった 。 研究では、ビスフォスフォネート(アレンド...

心肺蘇生時における家族の立ち会い

9 months 1 week ago
心肺蘇生時における家族の立ち会い なぜこの問題が重要なのか? 患者とその親族が、治療の決定に積極的に関与することを望むようになっている。しかし、心肺蘇生時における家族の立ち会い(FPDR)は、立ち会った親族に心的外傷後ストレス障害(PTSD)関連症状を引き起こしたり、医療従事者の妨げとなり、救命救急処置の質を低下させる懸念がある。また、その状況に対する患者の考えや好みが語られないため、患者の守秘義務が侵害される恐れもある。患者、親族、医療従事者の行動は、互いに影響を与える三角形の関係として捉えられるため、それぞれの要求に対するバランスがとられている必要がある。 何を調べようとしたのか? 心停止、外傷、急性期医療におけるFPDRの効果に関する現在のエビデンスについて調査を行った。 本レビューの主な目的は、親族に対して、その大切な人の心停止、外傷、または急性期医療に立ち会うという選択肢を提供することが、親族のPTSD関連症状の発生に与える影響について調査することである。 第二の目的は、FPDRの提供が、親族の抑うつ、不安、および悲嘆に与える影響、診療時間や医療従事者に対して与える影響、そして、医療の質や患者の生存率に与える影響について調査することである。 何を行ったのか? 2022年3月22日に、言語による制限なく、医学データベースの検索を行った。また、参考文献を確認し、論文の著者と...

骨盤位胎児(逆子)の回転に対する灸

9 months 1 week ago
骨盤位胎児(逆子)の回転に対する灸 論点は何か 骨盤位(胎児の臀部が下にある状態)は妊娠中期(第2期)に多くみられる。ほとんどの胎児は陣痛が始まる前に頭が下になるように自身で回転するが、回転しない胎児もみられる。臀部または足が先に出てくる胎児は、出産が困難になる可能性がある。これは母体および胎児に問題を引き起こす可能性があり、胎児は帝王切開で生まれる可能性が高くなる。 灸は中医学の一種で、骨盤位の胎児の回転に有用である可能性がある。それは足小指の経穴の皮膚の近くでアルテメシア( Artemesia )という生薬を燃やし温感を生じさせ、子宮に刺激を与えるというものである。この手技は、安全な灸のやり方の訓練を受けた上で妊婦またはその家族や友人が行うことができる。 重要である理由 骨盤位での経膣分娩は、経験豊富な医師や助産師、設備の整った病院であれば可能であり、プライマリーケアの環境以外でも計画外の経膣分娩は起こりうる。しかし、胎児が骨盤位にある女性の経膣分娩をすべての病院で行なえるわけではなく、帝王切開による分娩が計画されることもある。帝王切開には現在および将来の妊娠に対するリスク(危険)があるため、帝王切開を避けたいと考える医療従事者や妊婦は多い。自宅で妊婦やその家族、友人が自分でできる灸治療が、分娩前の頭位回転に役立つかどうかを明らかにしたいと考えた。 得られたエビデンス 灸+通...

クロルヘキシジンとその他の消毒液:中心静脈ラインを留置する新生児の感染予防にはどちらが効果的か?

9 months 2 weeks ago
クロルヘキシジンとその他の消毒液:中心静脈ラインを留置する新生児の感染予防にはどちらが効果的か? 要点: ・ 確固たるエビデンスがないため、新生児の中心静脈ライン挿入時の消毒液として、ポビドンヨード(PI)と比較したアルコール中のクロルヘキシジンの利益とリスクは不明である。 ・ 未熟児にポビドンヨードを使用すると、成長と発育に不可欠なホルモンである甲状腺ホルモンのレベルが低下する可能性がある。 ・ 研究数が限られており、低・中所得国からの研究が少ないため、エビデンスの確実性と適用可能性に対する信頼性が低い。 中心静脈カテーテルとは何か? 集中治療が必要な赤ちゃんは、中心静脈ラインと呼ばれる特別な細い管(カテーテル)を血管に挿入する必要がある。中心静脈ラインは、投薬や栄養補給など、さまざまな理由で必要とされる。これらの中心静脈ラインは重要だが、さまざまな合併症を引き起こす可能性がある。 カテーテル関連血流感染(CRBSI)と中心静脈ライン関連血流感染(CLABSI)とは何か? 重篤な感染症は、中心静脈ライン挿入に伴う最も頻度の高い合併症のひとつである。中心静脈ラインに起因する、あるいは起因する可能性のある感染は、それぞれCRBSIおよびCLABSIと呼ばれる。これらの感染は、ラインを挿入する前に消毒液を皮膚に使用することで予防できる可能性がある。 何を調査しようとしたのか? 以下の...
Checked
21 hours 42 minutes ago
Search on cochrane.org for:
Subscribe to Latest Japanese Reviews feed